理系人間どこまでも

小企業独り情シスのバイクブログ

こんばんは(*゚▽゚*)久しぶりの更新です。

ちょっと最近仕事やその他もろもろで忙しくてGSR750に乗れませんでしたが、この3連休でやっと色々と乗れるようになりました('▽'*)ニパッ♪

さて今回はこちら「モチュール300v」の500キロ走行後のインプレッションです(・∀・)




 
前回インプレッションした際はオイル交換直後でしたので他のオイルを寄せ付けない位の好感触でしたが、今回は500キロ走行後で感触は以下のようになりました(☆゚∀゚)

■走行性能
特に変化はありません。吹け上がり、吹け上がり共に最高です(´∀`)交換直後の感触が続いており大変満足です。厳しくいってしまうと・・・まぁ交換直後の驚きはなくなってはいますがそれでもこれだけの性能を持っていると感じられれば合格点ではないかと思います。

■冷却性能
AZオイルの時のように「冬の一般道でもFANが回る」なんてことはありません。十分の冷却性能を持っていると言えると思います。

■オイルの劣化具合
オイル点検窓から見る限り、いまだにあの毒々しい「緑色」を保っております。・・・気のせいかちょっぴり汚れいるレベルですが・・・これはオイルの洗浄がうまくいっていると、前向きに捉えておきます(^_^)ニコニコ

以上、走行500キロ後のインプレッションでした。まぁまだまだ使えるって事で。。。

ちなみに走行500キロの条件は、「ストップアンドゴーの市街地~峠道~高速道路」の複合となっております。割合的には5:2:3といった感じです。

さて今回はここまでです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。ばいばーい。(´∀`*) 



 

こんばんは。久しぶりの更新です。( ´∀`)つ

最近ドタバタしていた事と、やっぱり何ぼ言っても冬は寒い( ̄∠  ̄ )ノという事で中々GSRと向き合えないでいました。そんなもんで、コンビニ行ったり、ちょっと走ったりを繰り返していましたが・・・

ふとエンジンオイルの点検窓を見ると「白濁化したオイル」がそこにorz 

やはり不十分な暖気や短距離走行というのはよくないって事ですね。そして年始に入れたばかりのヤマルーブがたったの1000キロで昇天決定に相成りました。



まぁもうちょい使えないことは無いかとも思いましたがせっかくのスポーツタイプのバイクでオイルケチって性能が悪くなるリスクを背負うのも愚かしいな・・・と思いオイル交換を決意しました。

って事で急きょオイル交換と相成りまして、、、、

折角なので今回は奮発して・・・・(●´ω`●)


 
オイルの王者、「モチュール300V」にしました。この オイルの化学的なデータや性能については公式サイトにお任せしますが折角なので個人的など素人インプレッションをしたいと思います(・◇・)ゞ

さんざんぱら「ヤマルーブが1位」だとか以前インプレしたりモチュールは過度な性能とか言ってました。ごめんなさい(´・ω・`)

■第一印象~見た目~
まずは緑色に面くらいますw
カワサキのオイルも確かこんな感じだったかと思いますが・・・なぜにこんなドキつい色なのか・・・モンスターエナジーとかああいったものもこれとおんなじ匂いの中二っぽい印象です

(☆゚∀゚)ヒヒ ぼくのおいるはすごいぞー

人は妖しいモノに魅かれると聞いた事があるのですがまさにそんな感じです。

まじめな話をすると一目見ただけで「他とは違う存在感」を感じました。※商売的には良い感じなのだろうなぁと ガラにもなく真面目に感じました。

結局、レースにでも出ないと売りの高級感の真の意味は味わえないのでど素人でも違いを分かりやすくするようにこうしているのではないでしょうか? (´▽`)

■交換後~性能~

一言でいうならば「イィ(*´Д`*)」です。

エンジンンの吹け上がりも「納車直後のフィーリングに戻った」ように感じましたし実際、100キロ~150キロ(クソ田舎の農道w)までの「加速感とトルク感に違いを感じる」ことができました。

またシフトの入りのフィーリングも最高です(´∀`*)

よく「スコンと入る」と言われますが、私的には「カチリ」としっかりと入る感じです。なんというか・・・いいんですよね。この安心感が(*´∇`*) 

■結論~GSR750に入れるのは正解か?~

誰でもこのクラスのバイクにでもなればオイルに気を使うと思います。そこで幅広い選択肢の中からこのモチュール300vを入れることは正解だと思います。


但し、お金が続けばです(´;ω;`)

正規輸入で買えば1L約3300円です。





並行輸入で買えば↓↓1L約2345円です。




対してヤマルーブは1L約1300円です。



どうでしょうか・・・('A`|||)いいけど・・・高い(p_q*)シクシク

とやっぱり思ってしまうのは人情だと思います。

また、公式サイトにありますが・・・「レースの為に作られた」とあります。レースとはほとんどの消耗品は使い捨てな世界と認識しております。つまりせっかくの高級フィールも下手をするとあっという間になくなる可能性が・・・orz

このあたりは今後のフィーリングを実際に使ってみて確かめてゆこうと思います。

■まとめ
GSR 750的には性能で言えばヤマルーブ以上を入れておけばまぁ問題ないと思います。なんならエクスターの鉱物油でもよいとさえ言われます(サービスマニュアルに書いてあるので) そういった事情の中で皆様の中でお財布と相談してより良いフィーリングと性能を求める中でモチュール300Vを投入する事に間違いはないと思います。お金の分、確かな感動と満足感を得られる事はお伝えしておきます。 

しかし貧乏な自分がモチュールとは・・・明日からは毎日納豆を食べようorz

今日はここまでです。何かの参考になれば幸いです。
それじゃぁまた。ばいばーいヾ(´ω`=´ω`)ノ 

こんにちは。今日は仕事もさっさと終わらせ、もうブログ更新時間ですw

ノーボーナスがもう10年続いているので、ぶっちゃけ職場を変えたいのですが、30過ぎのおっさんだとどこも雇ってくれないんですね。書類選考で落っこちるのなんの( ´_ゝ`)ノ

これを見ているまだ20代がいたら、悪いことは言いません「さっさと使える資格を取っておきなさい」
ええ。最低でもITならスペシャリストクラスはとっておいた方が良いでしょう。。おっさんになると、

本当に力のあるかどうかは別として、何かと比較する指標として資格が有効になります

「てめーと違ってこちとら勝ち組じゃい」(#`皿´) ムキーーーー!

 「うざいんだよこの昭和が」(゚Д゚)ゴルァ!!

とかコメントされそうですが本題にもどします。 

ここからやっと本題です。まずはこのコラムを見てください。

http://news.webike.net/2016/02/04/35904/

■まとめると・・・

和歌山さんがいっている事を”やや”強引にまとめると

・MVアグスタの技術は最高峰、日本とひけをとらない
・日本メーカーと違ってパーツ(ブレンボとかオーリンスとか)は他社と共通のものを使っている
・ついでにモトGPも今シーズンからECUが共通化(イタリヤ製)
・こういう流れなんだから日本メーカーも見習ったら?
・グローバル化したら?

との事。

■言いたいこと

正直和歌山さんが言いたいことがピンボケしていてはっきりとは分からなかったのですが・・・まぁ国内4メーカーでもっと協力しろ・・・という事ですかね。

それはまぁ賛成です。

ただ、MVアグスタとかイタリアのオートバイメーカー、欧州のメーカーを見てそれを言うなよ正直に思います。ちょっと思いつくだけで
・Ducati
・アプリリア
・MVアグスタ
・BMW
・トライアンフ
・KTM
って・・・全部クソ高い価格設定しているところばっかじゃん。。。。。そりゃ・・オーリンスやブレンボをポーんと付ければ高くなるし、手軽に良い性能も持つだろうよ(*・ε・*)ムー

でもね、和歌山さん・・・消費者はそんな高級志向のバイクばっかが欲しい訳じゃないよ(*'-'*)

ニッシン、トキコだってあるじゃない?ショーワやカヤバだっていいじゃない?一昔前の名車CBR954RRとか・・・90マンもしたっけ?あれくらいでちょうど良いんですよ('▽'*)ニパッ♪

今GSX-R750だって「新車で140万円越え」ですよorz

スズキじゃなくてもうDucatiですよ・・・これ。

それと日本のメーカと比べるのはいかがなものかと。最近ヤマハやカワサキがボッタ化を進めて変に欧州化しているせいで各社そろって「実はボッタってもイケるんじゃね?」とかそういう流れになってしまっているし。。

■要するに
って事で、日本のメーカーには日本のやり方があるので、変に高級志向の欧州偏向するよりも、より大衆の裾を広げる方向性が良いと思います。カワサキが一番その辺りは分かっているような気もしないでもないですが、われらがスズキもそれに見習って、裾の根を広げる価格設定をして欲しいです。変にブレンボとかいりません。。。欲しければ後からユーザは付けるのでw

という事で今日はこの辺りで。ばいばーい(☆゚∀゚)


こんばんは(・◇・)ゞ
いや~雪と寒さで乗れませんね~。みなさんは乗っていますか?GSR?

本日、ようやく雨が乾いて雪も引いていたので、ちょっくら走ってきました。まぁ走るといっても国道をまっすぐしか走れないんで・・ちょっとつまらないんですけどねorz
 
さて、そろそろ本題に入ります(*^・ェ・)ノ

私のGSR750も15000キロを走って、あと少しで2年になります。(正確には2016/6月です)まぁもうちょい先じゃねーか、とも思うかもしれませんが・・・お金・・・ないんですよね( ̄∠  ̄ )ノ

ですからだいぶ先から資金を貯めたり、どこを修理するのか?整備する必要があるのか?ちょっと整理する必要があります(。・ω・)ノ゙

では2年点検(法令2年点検)では何を整備すべきなのか?まずは、スズキの基準を振り返ってみましょう。

■2年点検(スズキHPより)
http://www1.suzuki.co.jp/motor/inspect/periodical.html

このHPを見る限り、1年点検+αですね。詳しくはこのHPを見ればよいのでだいぶはしょると・・

・エンジンオイル、フィルタ交換
・プラグ交換
・冷却液交換
・フロントフォークオイル交換
・ステムベアリンググリスアップ
・リアスイングアームリンク部グリスアップ
・フロント・リアホイールベアリンググリスアップ
・前後スプロケット、チェーン交換

という感じです。ってかこれ・・・やりすぎな部類ですけどね。

■いくらかかるんだ? 
なんか・・自分で書いててため息しか出ない内容ですが前を向いていきますか(´・ω・`)

工賃は除外します。そしてちょっと贅沢コースです。
部品 製品名 値段
エンジンオイル ヤマルーブ100%化学合成 5000円
オイルフィルタ ヨシムラ 2200
プラグ4本 マックスファイア 7000
冷却液 ワコーズロングライフクーラント2L 2300
フォークオイル オーリンス 6000
グリス(ステム、フロント・リアベアリング、アクスル) ヤマハグリースB 1500
前後スプロケット サンスター 12000

これで計算すると合計「だいたい4万円くらい」 + (工賃3万円ぐらい?)  = 7万円若 と試算。

かなり高額に見積もっているので・・・これを限度額に見積をバイク屋さんにとってみるつもりです。あんまりにも高かったらまた自分でやってみるか・・

今日はこの辺で。ばいばーい。(*´ -`)(´- `*)

こんばんは。
何気なくネットを見ていると、Ducactiのモニター募集を見つけましたので今回はこちらを紹介します。

といっても本文はここから。

https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/others20160119-413980/


■概略←勝手にまとめます。

1299パニガーレ(249万円)15台

ムルティストラーダ1200ツーリングパッケージ(240万1518円)を15台

3ヶ月間の試乗モニター募集。締め切りは1/31まで。

20160119_01

とってもかっこいいバイクですね(・∀・)つ

でもこっちもかっこいいですよ!

GSX-R750

GSR750のフルカウリング・・・GSX-R750※GSX-R750の亜種がGSR750なんですけどね・・・まぁかたい事はなしで・・・

スズキもモニタとか・・やってくれないかなぁ。。そういえばGSX-R1000は新型が出るそうなんですけど・・・750の新型は出るのでしょうか・・・ちょっと心配( -д-)ノ
 

こんばんは。なんともホットでハッピーなニュースです。
スズキの相良工場が、平成27年度省エネ対象を受賞した模様です (´∀`*) 

これでスズキにかかわる、下請け、中小企業も少しは恩恵を受けられてその流れが末端のエンドユーザの我々にも繰るとよいなぁと思います(*´Д`*)



※さりげなくアフィリエイト挿入w

以下、転載です。

ズキ株式会社の相良工場が、「平成27年度省エネ大賞[省エネ事例部門]」の「資源エネルギー庁長官賞(共同実施分野)」を受賞した。

「省エネ大賞」(主催:一般財団法人省エネルギーセンター)は、平成2年(1990年)度より優れた省エネ・節電製品又は省エネ波及効果の高いビジネスモデルを開発した事業者を表彰してきた。平成23年度より「省エネ事例部門」が追加され、企業、工場、事務所等の節電や、優れた省エネルギー活動を推進し、成果を上げた事業者を表彰している。

このたびの「資源エネルギー庁長官賞(共同実施分野)」受賞は、スズキ、中部電力株式会社、メトロ電気工業株式会社の3社が赤外線ヒーター式金型加熱器を共同開発し、相良工場のエンジン部品鋳造工程に導入したことにより大幅な加熱時間短縮と、エネルギー使用量削減を実現すると同時に、現場作業の省力化と安全性、生産性も向上させた取り組みが高く評価された。
また、この取り組みを国内外のスズキグループや、他事業者に展開することで高い波及効果が期待されることから選出された。

スズキは、これらの設備、取り組みを国内関連会社、海外工場に展開し、省エネルギー化を推進している。今回の受賞を機に、更なる省エネルギーに取り組む。
なお、表彰式は1月27日(水)に東京ビッグサイトで行われる。

資源エネルギー庁長官賞(共同実施分野)受賞の概要

「鋳造工場における赤外線ヒーター式金型加熱器の導入による省エネ・省力化」

・事業者:スズキ株式会社 相良工場 工務課・鋳造課、
中部電力株式会社 静岡支店、メトロ電気工業株式会社
・事業所:スズキ株式会社 相良工場

事例概要

  • エンジン鋳造部品を生産する鋳造機の金型加熱工程において、従来のガスバーナー式から高出力の赤外線ヒーターを利用した金型加熱器に変更した。
  • 金型加熱器は、スズキ、中部電力、メトロ電気工業と考案・開発・テスト改良を重ねたもので、導入により従来のガスバーナー式と比較し、エネルギー使用量を58%削減(原油換算20.8kl/月削減)、金型加熱に要する総作業時間は32%削減するなど、省エネルギーおよび現場作業の省力化と安全性、生産性の向上を図ることができた。

主な実施内容

(1)取組んだ省エネ・省力化対策

赤外線ヒーター式金型加熱器の開発・導入

低圧鋳造における鋳造開始前の金型加熱作業時のエネルギーをLPガスから電気に転換する取組みを実施。
設定温度までの昇温時間削減、エネルギー使用量削減を目的に、赤外線ヒーター式金型加熱器を開発。

(2)省エネルギーの達成状況

1.赤外線ヒーター式金型加熱器の導入効果(省エネ性)

赤外線ヒーター式金型加熱器を導入したことで、従来のガスバーナー式金型加熱器と比較し、原油換算で20.8kl/月のエネルギー使用量を削減。
熱源をLPGから電気に転換し、課題を解決したことで以下の効果があった。

  • 金型加熱に使用するLPG使用量 ▲100%
  • 設定温度までの昇温時間短縮 ▲72%
  • 金型加熱に要する総作業時間短縮 ▲32%
  • オーバーシュート防止機能によるエネルギー使用量の削減
  • ヒーターの眩しさは無く、遮光眼鏡は不要となった。
2.現場作業の省力化

従来ガスバーナーでは作業者が任意の時間で監視を行っていたが、電気ヒーター化により金型加熱時および加熱後の制御を自動化し監視が不要となった。
1日3回の頻度で実施していた金型部品の溶損点検、補修作業も廃止することができた。又、金型塗型剤の補修サイクル延長や金型部品の故障トラブルの低減となった。

3.金型温度の適正化

金型と電気ヒーターとの間隔を限界まで縮めた対策と電気ヒーターの発光部は金型全体を覆うことで、ムラ無く金型全体を加熱することが可能となった。また、自動制御により、良品率が高い温度分布状態に加熱することが可能となり、製品良品率が向上した。

4.現場作業の安全性の向上

ヒーター導入後は着火作業自体を廃止できた為、火災リスクは無くなった。また、加熱作業のルールの整備、加熱機器の軽量化、取廻しバランスを設計に盛り込んだ結果、作業者の安全性が向上した。

5.作業環境の向上

作業環境測定定点結果を比較して、暑さ指数(WBGT)が改善された。

低圧鋳造機の仕組み

金型加熱器

 

以上転載終了です。
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/0119/index.html 

おめでとうございます!
 

こんばんは(・∀・)つ
雪が降ってはバイクが乗れません。そんな時は、、バイクにスマートフォンを取り付け、カーナビ代わりに使ったり、音楽聴いたり、+インターフォンつけたりと、、まぁ何一つやってないのですが( ´_ゝ`)妄想時間に費やすようにしております。

PCを起動し、、webブラウザを立ち上げ・・・え~と 

Googleでxvide・・・じゃなくって(*´ェ`*)



 
このマイナビ主催の安心婚活で・・(●´ω`●)でもなくって・・・カスタムパーツを見ていると・・・

 
≪永久保証HID≫スフィアライト | SphereLight

こんなのを発見しました。←このクサれアフィカス(゚Д゚)ゴルァ!!
 
と怒られそうですが・・まぁ落ち着いて下さい(・ε・)ムー

このサイトによると・・・値段的には14800円~17800円 と少々お高い感じもしますが

・「日本製」バイク専用設計LED
・ アノイダイジングによる高い耐久性を確保
・消費電力わずか20w(1/3)、寿命はハロゲンの40倍


だそうです。また、このLEDライトはとってもかっこいいです。別段ノーマルのライトで何か不便があるかと言うと無いのですが・・・暇だもんで色々とカスタムパーツを見たりしてます。なんといっても、こんな感じの明るさとかっこよさ(*´Д`*)

LED_ninja1000

これなら高くてもまぁ中華なLEDが多い中で納得ですね。あ~欲しいぃなぁ。(・∀・) 
で・・・気になるGSR750は適合表に・・・ない(´・ω・`) 

とはいえ、そういう場合はカスタマーサポートに連絡をしてくださいとも書いてあるので本気で取り付けたかったら聞いてみるか・・あぁこれ問い合わせしたら買うんだろうなぁ・・・

どうしよう。貧乏人のつらいところです(´Д`) しかも・・・こんな感じでセールか。。。




うーん欲しい。ひじょうに欲しい(*´ -`)(´- `*)
今日は妄想ネタで皆様にはあまり関係の無い?話でしたね。すみません。とはいえ、GSR750のカスタムの参考になれば?幸いです^^;

最後まで読んでいただきありがとうございます。では今日はこれまで。

ばいば~い(。・ω・)ノ゙
 




こんにちは(・∀・)つ

今日の記事は整備する際に必要なトルク値一覧です。これで自分的にスマホからでも見られて作業がはかどるぞって事で。※自己責任でお願いします

正確な値、作業方法はサービスマニュアルをどうぞ。








★個人的によく使うトルク一覧

名称 トルク値
スパークプラグ 11
オイルドレンプラグ 23
ステアリングステムナット 45 より1/4~1/2回転戻す
ステアリングステムヘッドナット 90
フロントアクスルボルト 100
フロントアクスルピンチボルト 23
リヤアクスルナット 115
リヤスプロケットナット 55
マスタシリンダホルダボルト(上下) 10
フロントブレーキキャリパマウンティングボルト 39
ブレーキホースユニオンボルト 23
エアブリーダバルブ(フロントキャリパ) 7.5
エアブリーダバルブ(リヤキャリパ) 6
フロントブレーキディスクボルト 23
リヤブレーキディスクボルト 23
リヤブレーキキャリパマウンティングボルト 23
リヤブレーキパッドマウンティングピン 17
パッドピンプラグ 2.5
リヤブレーキマスタシリンダマウンティングボルト 10
リヤブレーキマスタシリンダロッドロックナット 18
リヤブレーキキャリパスライディングピン 27
ブレーキレバーピボットボルト 1
ブレーキレバーピボットボルトロックナット 6


おすすめの工具(・∀・)つ



最初は2000円程度の安いセット工具で十分です。

 ★トルク一覧~完全版~
名称 トルク値
エンジンカバーマウンティングボルト 10
エキゾーストパイプボルト 23
エキゾーストパイプマウンティングボルト 23
エキゾーストパイプマウンティングボルト 23
マフラコネクティングボルト 18
マフラカバーボルト 5.5
マフラマウンティングボルト 25
スピードセンサロータボルト 28
スピードセンサマウンティングボルト 4.5
エンンジンスプロケットナット 115
エンジンマウンティングボルト(シリンダ) 70
エンジンマウンティングナット(クランクケース170mm) 68
エンジンマウンティングナット(クランクケース255mm) 40
ヘッドカバーボルト 14
スパークプラグ 11
カムチェーンテンショナボルト 10
カムチェーンテンショナNo.1ボルト 10
カムシャフトジャーナルホルダボルト 10
カムチェーンテンションアジャスタサービスキャップ 23
カムチェーンテンションアジャスタマウンティングボルト 10
カムチェーンテンションボルト 10
シリンダヘッドボルトM10 仮締め 31
シリンダヘッドボルトM10 本締め 60°(1/6回転)
シリンダヘッドボルトM6 本締め 10
ウォータジャケットプラグ 9.5
クラッチスリーパハブナット 150
クラッチスプリングセットボルト 10
バルブタイミングインスペクションキャップ 11
スタータクラッチボルト 54
ジェネレータロータボルト 120
ジェネレータステータボルト 11
ギヤシフトカムストッパボルト 10
ギヤシフトカムストッパプレートボルト 13
オイルプレッシャスイッチ 14
オイルフィルタ 20
クランクシャフトジャーナルボルトM9仮絞め 18
クランクシャフトジャーナルボルトM9本絞め 50°
クランクケースボルトM6仮絞め 6
クランクケースボルトM6本絞め 11
クランクケースボルトM8仮絞め 15
クランクケースボルトM8本絞め 26
オイルギャラリプラグM6 10
オイルギャラリプラグM10 18
オイルギャラリプラグM16 35
オイルドレンプラグ 23
ピストンクーリングオイルジェットボルト 10
オイルポンプマウンティングボルト 10
コンロッドキャップボルト仮絞め 15
コンロッドキャップボルト本締め 90°(1/4回転)
クランクケースブリーザ(PCV)カバーボルト 10
オイルパンボルト 10
オイルクーラントマウンティングボルト 10
ギヤシフトフォークシャフトリテーナボルト 10
ベアリングテーナスクリュ 8
GPスイッチマウンティングボルト 6.5
スタータモータマウンティングボルト 10
スタータモータワイヤマウンティングナット 6
スタータモータハウジングボルト 3.5
レギュレートレクチファイヤマウンティングボルト 10
CMPセンサマウンティングボルト 11
TPセンサマウンティングスクリュ 3.5
STPセンサマウンティングスクリュ 3.5
ISCバルブマウンティングスクリュ 2
CKPセンサマウンティングスクリュ 5.5
O2センサ 25
フューエルデリバリパイプマウンティングスクリュ 3.5
フューエルポンプマウンティングボルト 10
EXCVAプーリマウンティングボルト 5
IATセンサマウンティングスクリュ 1.5
インペラボルト 8
ウォータポンプケーススクリュ 5.5
ウォータポンプマウンティングボルト 10
ECTセンサ 18
サーボスタットカバーボルト 10
ウォータインレットコネクタマウンティングボルト 10
エアブリーダボルト 5.5
ステアリングステムナット 45 より1/4~1/2回転戻す
ステアリングステムヘッドナット 90
ハンドルバークランプボルト 23
ハンドルバーホルダナット 45
フロントフォークアッパクランプボルト 23
フロントフォークロアクランプボルト 23
フロントフォークキャップボルト 23
フロントフォークインナロッドロックナット 15
インナロッド/ダンパロッド 60
フロントアクスルボルト 100
フロントアクスルピンチボルト 23
マスタシリンダホルダボルト(上下) 10
フロントブレーキキャリパマウンティングボルト 39
ブレーキホースユニオンボルト 23
エアブリーダバルブ(フロントキャリパ) 7.5
エアブリーダバルブ(リヤキャリパ) 6
フロントブレーキディスクボルト 23
リヤブレーキディスクボルト 23
リヤブレーキキャリパマウンティングボルト 23
リヤブレーキパッドマウンティングピン 17
パッドピンプラグ 2.5
リヤブレーキマスタシリンダマウンティングボルト 10
リヤブレーキマスタシリンダロッドロックナット 18
リヤブレーキキャリパスライディングピン 27
ブレーキレバーピボットボルト 1
ブレーキレバーピボットボルトロックナット 6
スイングアームピボットナット 100
クッションレバーマウントナット 98
クッションフロントマウンティングナット 78
クッションリヤマウンティングナット 78
リヤショックアブソーバマウンティングナット(アッパ、ロア) 50
リヤアクスルナット 115
リヤスプロケットナット 55
リヤコンビネーションランプスクリュ 3.0
サイドスタンドボルト 40
サイドスタンドナット 50
バンクセンサボルト 18
フートレストブラケットボルト 23
 
今回は結構真面目でした(・◇・)ゞ


 

こんばんは(・∀・)つ
咳喘息がひどく、ちょっぴりというか、、かなりつらいです。冷気を吸い込むと咳き込みがひどくつらーい時期です。

とりあえずコイツを飲んで凌いでますが・・もう素直に病院にいくべきか迷ってます。( ̄∠  ̄ )ノ


じゃなくって、今日はオイルのお話ですね。この手のお話はいろいろあって専門家の方ですら本当の?事を教えてくれない摩訶不思議な世界です。

100化学合成がよいだの、いやメーカー推奨の鉱物油でいいだの(実際ホンダのCBRは鉱物油G1がSMに記載を確認)メーカー推奨距離の半分くらいだの、いや推奨距離でいいだの・・・キリがありません。

かく言う私も価格につられてAZにしたり、ヤマルーブにしたり、また純正に戻してからのモチュール300v投入だの・・・いい感じに躍らせられてますw

ご意見多々あるかと思いますが、色々入れてきた中で「GSR750に限り」迷ったらこれにしておけランクを書いておきます。※自分でのって実際にためしてますからね( -д-)ノ

■1位ヤマルーブプレミアムセンスティック


理由:
メーカーが作った正真正銘の「100%化学合成油」(グループ4か5は不明)つい最近までヤマルーブの中で最高位のグレードだったが、新オイルが出たため価格もこれまでの半額の4Lで5000円若で売られている。

実際の使用感でもスコスコと入るギアは気持ちよく、吹けあがりも吹け下がりもスムースです。渋滞にはまっても熱ダレは感じないですし、メーカーの信頼 + 100%化学合成 + 価格が安いという点から1位に選びました。

GSR750はなんだかんだで、やっぱりSSエンジンが元です。純正の鉱物油だと「気持ち的に」物足りない感じです。値段も鉱物油のエクスターとほぼおんなじですしね。・・・こっちを選びます。


2位スズキエクスター TYPE04


理由:
なんだかんで迷ったら純正にしましょう。という事ですwこのオイルを使ってスズキはエンジンの開発をしている・・・ハズ。ですからまぁ普通の人間が普通にバイクに乗る程度でしたらこれでよいかと。実際の使用感はまぁいたって普通のオイルです(プラシーボがきいてませんので)ただ、値段的にはもう少し安くなればなぁと思います。


3位AZオイル


理由:
安いです。4Lで2000円切ってます。これは4L缶の中では他を寄せ付けない安さかと思います。お金が無い・・されどオイルは精神衛生上変えてみたい・・・という方は一度は試してみても良いのではないのでは無いでしょうか?

ただ・・AZというなぞのメーカー(実際にはホムセンではそこそこ有名かと思いますが)に加えてシャバシャバ感がハンパない感じです。あとは実際にGSR750では私の感覚では走行2000キロが使用限界のように思えました。今後の品質向上をせつに願ってます。

以上です。

タクマインがねーぞ(゚皿゚メ)

というご意見もあるかと思いますが、まだ噂のタクマインは試したことがありません。

http://www.tacmain.com/

今度試してみようと思いますのでその時はレポします。

今日はこれまで。最後まで読んでくれてありがとうございます。ではまた、ばいばーい。ヾ(´ω`=´ω`)ノ

こんにちは( ´∀`)つ

都内では本日から雪がちらついたとかで、、寒い季節が層厳しくなりました。バイクに乗る機会も段々と減ってくる感じでしょうか。。。

さて今回は、そんな寒い季節で「バイクなんてのらねーよ」とか、「暖かくなってから乗りたいから春先に買おう」という方に対して、ちょっとお得な情報です。

結論から言ってしまいますが・・・

バイクは2月に購入するとお得です。 

ちっこのステマ野郎が(゚Д゚)ゴルァ!!

とか思わずに、まぁ私の実体験からですので聞いてください。※無論この時期以外が得する事もあるのでしょうが・・・

■2月購入がお得な2つの理由
冒頭にも書いたのですが、、、まず季節が寒いこと が関係しています。この時期、寒さでバイクに乗ろうなんて粋な方はそうはいません。そうなってくると、バイク屋さんに行こう!という事も無いわけです。ましてやこんなクソ寒い時期にバイクなんか買う人は余りいません。

そこでバイク屋の心理的に「折角だから売りたい(いつもより値引いても)」となる訳です。

これが理由の一つです。 

次にですが「決算が近い」という事です。これが最大の理由 なんですけどね(*・ε・*)ムー

まぁ本年度売れなかったら、、それはそれで「売れ残り在庫」となる訳でそれだけはバイク屋としては避けたいのです。在庫をなるべく抱えたくないのはバイク屋も同じですが、1年おくと新車とはいえ、年度落ちの在庫なる訳です・・・そうなってくると、1年落ちの新車だからという理由でお客様もやっぱり買おうという気になりませんし、「モデルチェンジ」された場合は、もう過去のバイクになってしまいますorz


■ただし がつきます 
ただ、このお得な事を実感するにはやはり「メーカーディーラー」が有効になってきます。個人経営のお店の場合「年中変わらず」という事が多いです。

■スズキワールドで実際にあった話
どこ、とはいえませんが、実際にあったお話です。

20xx年x月頃「見積もり = 85万円」
20xx年2月頃「見積もり = 70万円」

差額15万円です。これ、同じスズキのグラディウス400ABSでの実話です。

なんでそんなに値引きしてくれるのか?という問いかけに対して、上記をざっくりと説明くれました
です。はい(´∀`*)

無論、買いたい時期が買い時 という事もあるかと思いますが少しでも乗出し価格を下げたい方がいたら、何かの参考になれば幸いです。

それでは今日はここまで。

最後まで読んでくれてありがとうございました。('▽'*)ニパッ♪

↑このページのトップヘ